コマンドマガジン159号

関ヶ原

Sekigahrara 1600




豊臣秀吉の死後、政権内の権力抗争が激しくなる中、強大な力を持ち続ける徳川家康に石田三成は危機感を感じ、反徳川勢力を糾合し対立関係を明確なものとした。その結果、慶長5年9月14日(西暦1600年10月21日)、西軍率いる石田三成と東軍率いる徳川家康は美濃国関ヶ原で激突することになる。この戦いに勝利した徳川家康は後の江戸幕府を築く基盤をこの戦いで固めることとなった。

「天下分け目の戦い」と称されるこの〈おおいくさ〉は、どちらの陣営につくかで日本全土の大名に大きな影響を与えた戦いでありながら、本戦は実質1日で決着がついたのだ。その運命の1日はどのように進んでいったのだろうか?

関ヶ原
Sekigahara 1600

(ゲームデザイン:フランシス・ミューレン)

『関ヶ原』はフランスのメーカーHEXASIM社が発売した『Tenkatoitsu』に封入されている3作品のうちひとつです。完全日本語版にした作品です。先に付録化した『長久手の戦い』(CM144号)、『山崎の戦い』(CM149)と同ルールでプレイできるので、これらの作品を知っている人ならば『関ヶ原』の特別ルールを読めばすぐにプレイできるでしょう。

本シリーズは戦国時代の合戦の雰囲気を出すためにオーソドックスなウォーシミュレーションゲームとは異なる部分が多く、敷居の高い作品というイメージがあるかもしれません。今回そのハードルとなる部分をリプレイ記事でフォローし、本作を最大限に味わえるようにしています。

本シリーズの魅力は各大名が単に戦場でぶつかるだけの戦いに終始せず「陣形」の選択によって合戦の動きがより盤面で大きく影響するシステムになっていること。 中世日本の戦場の動きを見事にシミュレートした本作を是非ご堪能ください。



 



■CONTENTS
■特集
 ●サムライ狂詩曲
 ●新説関ヶ原(山内克介)
 ●先駆け! 川中島 (山内克介)
■NEXT ISSUE
 ●次号予告 バトル・オブ・ブリテン
■READ & PLAY
 ●ノギだ! ノギが来る!!(倉元栄一)
 ●Atlantic Chase(諸岡幸治)

 ●複葉機よ永遠なれ……(宮永忠将)
■SCENARIO
 ●TANKS+α 追加シナリオ(小泉慎吾)
■WAR HISTORY
 ●地中海戦史(八木田和男)
 ●山本五十六はミッドウェイで将棋を指したか(大木毅)

■COLUMNS
 ●復活! 男泣き戦争映画塾(山内克介)
 ●ユニットよもやま物語(生駒望人)
 ●新シミュレーションゲーム批判序説(高梨俊一)
 ●ゲームから本へ、本からゲームへ(桂令夫)
 ●野獣げぇまぁ拡大版(特岡正肇)
 ●ウォーゲーム・メカニクス(堀場亙)
 ●あなたの知らない(かもしれない)
  戦争マンガの世界(生江秀一)
 ●ガチャを回すな! ゲームを買え!(徳岡正肇)
 ●新兵★通信

■NEW COMERS
 ●新作ゲーム情報




◆本誌 68ページ(フルカラー)



 

 

『関ヶ原』

    ●駒216個1枚、120個1枚 (15mm角)
    ●マップ1枚 (A1判1枚)
    ●チャート5枚
    ●ルールブック1冊(24頁)

ルール難度:高い
ソリテア性:
普通

ゲーム・スケール:
    ●1ヘクス=約250m
    ●1ユニット=約300人
    ●プレイヤー数=2人 
    ●プレイ時間=360分程度

コマンドマガジン公式サイトはこちらから


 

 

コマンドマガジン159号(2021年6月20日発売)

価格: ¥3,600 (税込 ¥3,960)
[ポイント還元 39ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 店舗メンテナンス

【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。
【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。なお、イベント期間中の商品発送については、特別に発送期間を設ける場合があります。
【お問い合わせ】休日及び営業時間外(17時以降)のお問い合わせは次営業日の対応となります。

大番頭日記

こんにちは! アナログゲームショップ大番頭の神保です。当店は一部商品を除き全国送料無料! どうぞご贔屓に!
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ