インディーズ(同人)商品

武士好きによる、武士好きの為の同人誌『武士らいふ 創刊号』


新進気鋭の同人サークル『越谷党Works』の作品です。
創刊号となる本作では、武士大好きな執筆陣が「観応の擾乱(かんのうのじょうらん)」をテーマに、 様々な角度から当時の武士たちの“らいふ”にアプローチした記事を掲載しています。

「観応の擾乱」とは
観応の擾乱(かんのうのじょうらん)は、南北朝時代、正平5年/観応元年10月26日(1350年11月26日)から正平7年2月26日(1352年3月12日)にかけて、 足利政権(室町幕府)の内紛によって行われた戦乱。将軍足利尊氏の弟で幕府の実権を握る直義の派閥と、幕府執事高師直・将軍尊氏の派閥が争い、最終的に師直も 直義も死亡したことから、生き残った尊氏が擾乱に勝利した。実態は足利政権だけにとどまらず、対立する南朝と北朝、それを支持する武家や、公家と武家どうしの 確執なども背景とする。

Wikipediaより


執筆陣による「観応の擾乱」にまつわる歴史記事や蘊蓄だけでなく、侍烏帽子のつくりかたを紹介した記事も掲載されており、 大人の遊び心満載な武士成分100%の読み物となっております。日本史好きは必見と言えるでしょう。


付録ゲーム「羽根倉合戦~武蔵国の観応の擾乱~」について
このゲームは1351年(正平6年(南朝)観応2年(北朝))12月19日に現在の埼玉県志木市荒川沿いで行われた、 羽根倉合戦を再現する二人用のヒストリカルウォーゲームです。 プレイヤーは足利尊氏に与して薬師寺、高麗連合軍を率いる加賀入道と、足利直義に与する難波田九郎三郎の立場となり雌雄を決します。

内容物
・マップ(A3判):1枚 
・コマ:50個
・ルールブック:1冊(4ページ)
・チャートシート:1枚

プレイ時間
・30分程度
プレイ人数
2人
製作者
越谷党Works

『武士らいふ 創刊号』【同人誌(付録ゲーム付き)】

価格: ¥1,400 (税込 ¥1,540)
[ポイント還元 15ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

【関連商品】こちらもいかが?

『弾丸スナイパー』【同人ボードゲーム】

¥1,000(税込 ¥1,100)

数量:

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 店舗メンテナンス

【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。
【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。なお、イベント期間中の商品発送については、特別に発送期間を設ける場合があります。
【お問い合わせ】休日及び営業時間外(17時以降)のお問い合わせは次営業日の対応となります。

大番頭日記

こんにちは! アナログゲームショップ大番頭の神保です。当店は一部商品を除き全国送料無料! どうぞご贔屓に!
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ