表示切替: 並び順:
19件中1件~10件を表示

商品一覧

JWC#5『マレー電撃戦』

¥5,500(税込 ¥5,940)

『マレー電撃戦』
1984年にエポック社から発売された作戦級ウォーゲーム『マレー電撃戦』が復活。太平洋戦争最初期の日本軍によるマレー半島侵攻をテーマにしており、プレイヤーは日本軍またはイギリス連邦軍を指揮し、マレー半島の占領/防衛を目指します。他のウォーシミュレーションゲームとは違った斬新な戦闘システムを採用しているので、戦況によっては思い切った決断が必要になるでしょう。

『日露戦争』【第2版】

¥4,800(税込 ¥5,184)

本商品は長らく在庫切れとなっていたJWCシリーズ第2弾『日露戦争』のプリント商品です。リプリントにあたり、ルールブックの明確化と作戦研究冊子に一部改定が加わっています。

『日露戦争』は1981年にエポック社から発売され、大人気を博した陸戦ゲームの復刻版です。プレイヤーは日本軍またはロシア軍の地上部隊を指揮し、戦略上の要衝を占領/防衛を目指します。

戦域は広大ながら、初期に与えられる戦力はお互いにごくわずか。海戦の結果やスパイ活動の進捗により変動する補給ポイントをやりくりしつつ、複数の戦線で効率的に地上部隊を運用しなければなりません。

果たしてあなたは、この国家戦争をどのように指導するのでしょうか? 歴史の「if」を大いにお楽しみください。

JWC#4『バルジ大作戦 【第2版】』

¥5,500(税込 ¥5,940)

『バルジ大作戦』は1981年にエポック社から発売されました。1998年にコマンドマガジン(国際通信社発行)の付録になり、完売したため、同じ意匠でコマンドマガジン別冊として2000年に再販されました。  
このJWC版では、これまでの国際通信社版とはコンポーネントを一新しています。これまで要望が多かった地形やルールの明確化を施し、また作戦研究やプレイ記録などがスムーズに行えるよう、地名には日本語読みを追加しています。ユニットもコマンドマガジン/別冊より兵科記号や文字を大きくし、情報を読み取りやすくするとともに、師団マークを追加しています。

コマンド・ソリテア4号『幽霊師団』(4月20日発売)

¥3,600(税込 ¥3,888)

『幽霊師団』では、1940年5月から6月にかけてベルギーとフランスを駆け抜けたエルヴィン・ロンメル将軍の第7装甲師団をあなたが指揮し、フランス領をできるだけ深部まで進撃し、ベルギーの連合軍を孤立させ、「ダンケルク撤退」を妨げることにあります。

『ウォーゲームハンドブック2017』

¥2,400(税込 ¥2,592)

毎年恒例となりました『ウォーゲームハンドブック』ですが、新たなゲームを引っ提げて、2017年版が今年も登場します!

WWS第8号 『ジューコフの戦争 東部戦線1942-43』

¥5,400(税込 ¥5,832)

『ジューコフの戦争(Zhukov’s WAR)』は東部戦線の帰趨を決定づけた1942年から43年にかけての戦いを戦略〜作戦級のスケールで描いた作品です。プレイヤーはドイツ軍またはソ連軍の最高司令官となり、自国を勝利に導くために戦います。

コマンド・ザ・ベスト第14号 『レッド・ドラゴン・ライジング』

¥5,400(税込 ¥5,832)

《中華人民共和国対米国主導の対中国同盟の仮想戦》1
『レッド・ドラゴン・ライジング』が描いているのは、近い将来発生するかもしれない、中華人民共和国対米国主導の対中国同盟の仮想戦であり、その最初の30日間における戦略的検証と作戦的研究を目的としています。中国軍プレイヤーの役割は北京の国家指導者、米国軍プレイヤーは西太平洋戦域の軍事司令官ということになります。

今回の新装丁版にあたり、新たなヴァリアント用の駒やいくつかのシナリオを追加しており、またオリジナルのStrategy & Tactics(S&T)版もコマンドマガジン(CMJ)掲載版の追加ヴァリアントも楽しむことができる内容になっています。

ゲームのシステムはとてもユニークで、マクロになったりミクロになったり、あるいは急速に事態が進展するかと思えば、スローモーションのように映ることもあります。シンプルに陸海空の戦いを戦略的に再現できる現代仮想戦ゲームの代表的な作品と言えるでしょう。

『TANKS+(タンクス・プラス)』

¥4,600(税込 ¥4,968)

『TANKS +(タンクス・プラス)』は、コマンド・タクティカル・コンバット・シリーズ(CTCS)第5弾に当たる『TANKS』に、西部戦線で登場する米・英の車両とその車輌が登場するシナリオ、西部戦線用のマップを新たに追加しました。そしてカウンターサイズを15mm角の駒に、マップのヘクス径を大きくしプレイしやすくした作品です。

『太平洋戦史 2017年版』

¥4,000(税込 ¥4,320)

〈デラックス版の装丁で『太平洋戦史』が2017年版として帰ってきた!!〉

120分で1941年から1944年前半までの太平洋戦争が体験できる戦略シミュレーションゲーム『太平洋戦史』。増刷分、デラックス版ともに完売した『太平洋戦史』が、根強い人気と多数の要望により、復活。2017年版として帰ってきました!

今回体裁はデラックス版のコンポーネントから箱とダイスを取り除いた冊子タイプとなります。

太平洋戦争のソリティアゲーム『ニミッツの決断』

¥8,000(税込 ¥8,640)

■コマンダー・シリーズの最新作

『ニミッツの決断』はDVG社の人気ソリテア・ゲーム「コマンダー・シリーズ」の最新作にして初の海戦をテーマにした作品です。

プレイヤーは補給ポイントをマネジメントして部隊の編成と運用を行います。補給ポイントは十分とは言えず、戦略の立て方を誤るとたちまち日本軍に追い詰められてしまうことになるでしょう。その日本軍は独自の「命令」システムによって作戦を取りますが、まるで普通の対戦相手のように、時に陽動作戦をしかけてきたり、大胆に攻めたり、あるいはミスを犯したりと、アメリカ軍プレイヤーを翻弄してきます。

19件中1件~10件を表示

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 店舗メンテナンス

【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。
【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。なお、イベント期間中の商品発送については、特別に発送期間を設ける場合があります。
【お問い合わせ】休日及び営業時間外(17時以降)のお問い合わせは次営業日の対応となります。

大番頭日記

こんにちは! アナログゲームショップ大番頭の神保です。当店は一部商品を除き全国送料無料! どうぞご贔屓に!
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ