インディーズ(同人)商品についての注意

アナログゲームショップでは「インディーズ(同人)ゲーム委託販売」を開始しました。この商品は、個人製作による非電源系のアナログゲームを委託販売するものです。

商品購入の際、別途送料が請求されますのでご了承下さい。なお、商品を2000円以上ご購入されれば、本商品を含む送料は無料となります。

なお、「インディーズゲーム委託販売について」の詳細はこちらをご覧下さい。

インディーズ(同人)商品

『Race to Kyoto 1946』

本作はコマンドマガジン第102 号付録『Race to Tokyo: Battle for Japan,1946』(以下RtT)をベースとしたゲームです。原作のもつルールのシンプルさをできる限り維持し、ウォーゲームに不慣れな方(または初心者)にもプレイできるようにデザインしました。

連合軍による関西上陸作戦は、まったくの架空の作戦です。史実ではダウンフォール作戦の陽動として第9 軍の四国上陸および航空基地制圧が予定されていました(パステル作戦)が、本命は九州(オリンピック作戦)と関東(コロネット作戦)でした。本作では日本軍の頑強な抵抗によりオリンピック作戦とコロネット作戦が停滞し、その停滞を打破するため陽動として再び第9軍に命令が下った、という設定で作られています。

(「Race to Kyoto ノート」より)

『Race to Kyoto 1946』は、コロネット作戦時の関西における陽動作戦をテーマにした仮想戦ゲームです。2 人用のゲームであり、一人が米軍を、もう一人が日本軍を受け持ちます。

1946 年、連合軍による日本本土上陸作戦は、九州と関東で戦線が膠着。連合国は状況の打開を図るため、パステル作戦で四国に上陸させていた第9 軍(第81・98 歩兵師団)による関西上陸作戦を決定しました。

この作戦における連合軍の目的は、あくまで陽動となります。日本軍が関東あるいは九州の戦線から増援を関西へと引きぬくことを決定した段階で、連合軍の作戦目標は達成されるのです。

一方、連合軍の損耗も各地で拡大していました。またこの関西上陸作戦は、連合軍の強固な兵站をもってしても、長期間の継続は不可能です。このため、第9 軍に許容不可能なレベルの損害が発生した場合、あるいは最長で9 週間を越えてなお作戦目的が達成されなかった場合、連合軍は四国へと撤退しなくてはなりません。

※本作はインディーズ(同人)商品です。商品購入の際には別途送料が加わりますのでご了承下さい。

内容物
 ・マップ(A3判):1枚 
 
・コマ:37個
 
・ルールブック:1冊(4ページ)
 
・Race to Kyoto ノート:1枚

プレイ時間
 ・60分程度
プレイ人数
 ・2人
製作者
 チームTFS

『Race to Kyoto 1946』の
送料は85円です

『Race to Kyoto』【同人ボードゲーム】

価格: ¥1,000 (税込 ¥1,080)
[ポイント還元 10ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

【関連商品】こちらもいかが?

『弾丸スナイパー』【同人ボードゲーム】

¥1,000(税込 ¥1,080)

数量:

『Winds of Caribbean』【同人ボードゲーム】

¥1,000(税込 ¥1,080)

数量:

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 店舗メンテナンス

【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。
【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。なお、イベント期間中の商品発送については、特別に発送期間を設ける場合があります。
【お問い合わせ】休日及び営業時間外(17時以降)のお問い合わせは次営業日の対応となります。

大番頭日記

こんにちは! アナログゲームショップ大番頭の神保です。当店は全国送料無料! どうぞご贔屓に!
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ