シックス・アングルズ第14号

ベアズ・クロウ

1941年6月にドイツ軍のソ連侵攻「バルバロッサ作戦」が開始された時、前線のソ連軍部隊は臨戦態勢になく、虚を衝かれて混乱状態に陥ったまま、各個撃破された。しかし、モスクワのソ連政府とソ連赤軍の指導部は、開戦から一週間が経過してもなお、前線の状況を正確に把握できず、ドイツ軍の侵攻開始という第一報が届けられた段階で打ち出した方針──機械化軍団を投入した大反撃で敵を粉砕し、戦線を国境まで押し戻す──に従い、場当たりな反撃命令を下し続けていた。

ソ連軍の装備する戦車の性能、とりわけ重厚な装甲は、戦前にドイツ側が予想していたレベルを上回っており、ソ連軍の断続的な反撃は、あたかも両腕を振り回す「熊」にも似た脅威を、ドイツ軍の将兵に及ぼし始めていた。ドイツ軍は、まだ完全に覚醒していない巨大な熊の場当たり的な反撃をかわしながら、急所に打撃を与えようとしたが、振り回される腕の先にある鋭い爪は、ほんのわずかにかすっただけでも相手に傷を負わせる威力を持ち、もし不運にも直撃を食らえば致命的な損害を被る可能性があった

ベアズ・クロウ(熊の爪)は、1941年6月から8月にかけて、ソ連邦西部の二つの地域で繰り広げられた一連の軍事作戦を、師団/軍団規模で再現する作戦級シミュレーション・ゲーム2個のセットです。「キエフ=ウマーニ」は、6月26日にウクライナのキエフ西方で開始されたソ連南西方面軍の大反撃と、それに続く独ソ両軍の熾烈な攻防戦、そしてドイツ南方軍集団のキエフとウマーニ方面への突破作戦を扱っています。

「スモレンスク」は、7月11日にドイツ軍の第2と第3装甲集団によるドニエプル川渡河作戦およびスモレンスク方面への突進と、ソ連西部方面軍司令官ティモシェンコ元帥による波状反撃を描いています。この2つのゲームは、シックス・アングルズ第11号「モスクワ攻防戦」を簡略化したシンプルな基本システムを用いており、攻勢側であるドイツ軍だけでなく、反撃側のソ連軍プレイヤーも、毎ターンにダイナミックな反撃を繰り返す、緊迫したゲーム展開となります。

1回の対戦は2~3時間、立場を入れ替えて1日に2回プレイできる、ハーフサイズ作戦級ゲームコンボです。

ダミー・システムなどの情報管理に関するルールは含まれていないので、ソロプレイで独ソ戦を研究するツールとしても最適です。

◆1ユニット:  旅団/師団/軍団
◆1ヘクス:  16.8キロメートル(S)/20.4キロメートル(K)
◆1ターン:  10日(S)/14日(K)
 (S)スモレンスク/(K)キエフ=ウーマニ

《内容物》
◆本誌(64ページ)   ◆A2判カラー地図2枚 
◆A4判チャート3枚 ◆駒2シート(264個) 

※各種データはSIX ANGLES ホームページ より転載致しました。

シックス・アングルズ 第14号(SIX ANGLES)

価格: ¥5,056 (税込 ¥5,460)
[ポイント還元 54ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

【関連商品】こちらもいかが?

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 店舗メンテナンス

【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。
【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。なお、イベント期間中の商品発送については、特別に発送期間を設ける場合があります。
【お問い合わせ】休日及び営業時間外(17時以降)のお問い合わせは次営業日の対応となります。

大番頭日記

こんにちは! アナログゲームショップ大番頭の神保です。当店は全国送料無料! どうぞご贔屓に!
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ